Your opinion MATTERS to us – take our survey and help us improve our website!

American Tourists’ Love for Kyoto Inspires US High-End Hotels– アメリカ人の京都人気で米高級ホテルが古都に進出

Share this:
by Naoko Funatsu
Kyoto’s latest luxury hotel, called Suiran, will feature the comforts of an American-style hotel while embracing design elements of the traditional culture of Kyoto. Image: Starwood Hotels and Resorts Worldwide, Inc.

This article is presented bilingually in English and Japanese. For Japanese, click here. この記事は日本語でもお読みいただけます。日本語はこちら

In December, 2014, Starwood Hotels and Resorts Worldwide, Inc., the American parent company of Westin, Sheraton, W, Le Meridien, and others, announced the opening of a new luxury hotel in Kyoto in the spring of 2015. The new hotel will use the company’s most exclusive brand, becoming a part of the “Luxury Collection” line of hotels and the first of its kind in Japan. The hotel, to be called “Suiran,” will be in Arashiyama district in the western part of Kyoto, which is famous for its natural beauty. It will also be next to Tenryuji Temple, a Zen Buddhist temple that is registered as a UNESCO World Heritage Site.

Other American luxury hotels, including The Ritz-Carlton and Hyatt Regency, opened in 2014 and 2006, respectively. Four Seasons, a Canadian high-end hotel chain, also revealed its plans to open in Kyoto in 2016.  These hotels are not new to Japan, but are new to Kyoto. Although many international hotel chains are easily found in Tokyo, they have not been common in Kyoto until recently. One reason is Kyoto’s tight construction regulations to preserve its historical scenery, which includes 17 World Heritage sites. As a result, Starwood’s Suiran will be just three-storied, The Ritz-Carlton is two-storied, and the Hyatt Regency is five-storied. Kyoto’s rich history has also often made it difficult for newcomers to gain market entry.

However, American travelers’ love for Kyoto is changing the trend and driving a demand for familiar, high-end hotels to move into the city. According to the Kyoto City Office, in 2013 Americans ranked as the second largest cohort of foreign tourists, out of 1.13 million foreign tourists who visited the city. Americans accounted for 14.5% of tourists, only after Taiwanese, who represented 20.8%. Chinese tourists made up 9.5%, while Australia ranked fourth at 6.4%. Kyoto’s visitor rates are substantially different from the Japanese national levels, where the US was ranked fourth and accounted for just 7.7% of all tourists, indicating that American tourists disproportionally visit Kyoto as compared to other nationalities.

American travel magazine “Travel + Leisure” selected Kyoto as the world’s best city to visit in July, 2014. Because of that honor, the Kyoto City Office upgraded its English language website to be more foreigner-friendly and further boost its reputation.

---------

            2014年12月、ウェスティンやシェラトン、W、ル・メリディアン等のホテルを運営するアメリカの世界的ホテル運営会社のスターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドは自社の最高級ブランド「ラグジュアリー・コレクション」の日本初となるホテルを京都に2015年春にオープンすることを発表した。ホテル名は「翠嵐(すいらん)ラグジュアリーコレクションホテル京都」で、自然の織り成す美観で有名な京都市西部の嵐山地区に、ユネスコ世界遺産である禅寺の天龍寺の隣に建築される。

            この他にも、リッツ・カールトンが2014年に、ハイアット・リージェンシーが2006年に京都に進出しており、アメリカの高級ホテルが京都で開業する事例が目立ってきている。また、カナダに本拠を置く高級ホテルのフォー・シーズンズも2016年に京都に進出する予定だ。これらのホテルは日本にとっては目新しくないが、京都にとっては目新しい存在だ。アメリカを代表とする外資系ホテルは東京には数多く進出しているが、京都での開業は最近まで少なかったからだ。17の世界遺産を含む歴史的景観を守るための京都における厳しい建築規制が要因の1つとして挙げられており、例えば、スターウッドの「翠嵐」は地上3階建ての予定で、リッツ・カールトンは2階建て、ハイアット・リージェンシーは5階建てである。また、歴史が長く伝統を重んじるため、京都は新規参入が難しい土地とも言われている。

            しかし、アメリカ人旅行者の間で高まる京都人気がこれまでの傾向を変え、アメリカのホテルの京都進出を促している。京都市によると、2013年に京都を訪れた外国人観光客の総数は約113万人であり、アメリカ人はそのうちの14.5%を占め、20.8%の台湾に次いで国別の構成比で第2位となっている。中国は9.5%、オーストラリアが6.4%と続く。同年に日本を訪れた外国人のデータと比べると、いかにアメリカ人の間で京都の人気が高いかがわかる。2013年の日本への外国人観光客のうちアメリカ人は7.7%を占めるにとどまっているからだ。

            さらに、アメリカの旅行雑誌の「トラベル・アンド・レジャー」誌は、2014年7月に2014年版の世界の旅行人気都市の第1位にに京都を選出した。これを受けて、京都市は2014年11月に外国人観光客向けの京都観光ウェブサイトを全面リニューアルすることを決定している。

 

            写真:「翠嵐」の客室イメージ。京都の伝統文化とアメリカのホテル文化の両方を楽しめるようにデザインされている。(写真提供:スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイド)